自動車を買うのか迷ったとき

決して安くはない自動車をいざ購入しようとしたとき、車種やグレードなどで何日も迷うことが多いと思います。

軽自動車で日常は過ごせるけれど、いざ遠出となると少し大きめの車の方がよいのではないかなど、悩むポイントは様々です。


しかし、生活環境が大きく変化しなければ、現在必要としていない自動車を購入する必要は本当になるのでしょうか。

営業車両のラッピングの喜びの声を頂いています。

とはいえ、やはり有れば便利という意味では間違いありませんので、臨機応変に活用できる自動車保有の方法を何点かご紹介します。


まず第一に大きな車は必要ありません。



現場仕事で日常的に利用する場合を除き車体や排気量の大きな車は燃費も悪く、税金も高くなるので本当に必要な人以外は購入する理由がありません。


第二に、レンタカーやカーシェアリングなどのサービスを利用してください。


意外と簡単に申し込めて本当に必要な時にだけ一時的に利用できます。

旅行の際などは参加者で金額を割ればそこまで高額な金額にならずに利用できます。


第三に二輪車を検討してください。1人で近所を移動する場合これほど便利なものはありません。

先ほどのレンタカーと併用することでコストを各段に押さえることができます。
普通車を購入した場合。年間税金約3万5千円、保険年間約7万円、車検が年間で計算すると約5万円、ガソリンが毎月5千円だと6万円、そのほか駐車場代やローンなど必要となる維持費は非常に高額です。



今挙げた必要経費だけでも年間20万円必要となります。
現在では様々なサービスが提供されているため、購入前に一度調べてみることをお勧めします。

top