未来の自動車の安全性能

未来の自動車の安全性能というのは、今とは比較にならないぐらいに良くなっている可能性があります。
それは搭乗者に対する安全性といったものもありますが、歩行者などの外部に対する安全性といったものもです。

何故かというと、電気自動車の登場によってエンジンがモーターになったことがおおきな要因です。車の車体というと鋼やアルミ合金といった重金属をイメージしますが、これは重いエンジンを載せているからです。


これが電気自動車ではモーターになりますから、そのような重金属でなくてもよくなる可能性があるのです。

暮らしを豊かにしてくれるラッピングカー情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

F1などのレースではカーボンという軽くてもろい材料車体の材料として、使われています。

OKWaveの為になる情報です。

このようなものが、未来の車には閊える可能性が高くなってくるのです。



そうなると、安全性といったものは格段に良くなっていきます。

車の衝突のエネルギーというのは重さと速さによって変わってくるものですから、重さが軽くなれば安全性は飛躍的に高くなるのです。

F1レースでは高速でレースを行っているのですが、その安全性というのはかなり高いものになっています。

その理由の一つはこの車体の材質といったものにあるのです。
この技術がどんどんと進んでいくとともに、材料の低価格化が進んでいけば、未来の車というのは今よりはるかに高い安全性を誇るものになっているかもしれません。


自動車が何かにぶつかっても壊れるのは車の車体のほうということになれば、人の安全性は高まるのです。

生活についての考察

軽自動車が非常によく売れているようです。新車販売の実に40%以上が軽自動車です。...

more

生活の秘密

今では交通手段として当たり前になった自動車ですが、自動車が誕生したのはいつのことなのでしょうか。それは今から250年以上昔のことです。...

more

生活のテクニック

自動車の保険には、強制的に加入が義務付けられている自賠責保険と任意に加入する任意保険の2種類がありますが、自賠責保険だけでは大きな人身事故を起こした場合、すべての補償を自賠責保険では賄いきれないので、任意保険にも加入するのが一般的です。任意保険に加入する場合は、補償内容をどのようにするかを決めなければなりません。...

more

知っておきたい常識

決して安くはない自動車をいざ購入しようとしたとき、車種やグレードなどで何日も迷うことが多いと思います。軽自動車で日常は過ごせるけれど、いざ遠出となると少し大きめの車の方がよいのではないかなど、悩むポイントは様々です。...

more
top